ロシアンミク

2018/12/20

f:id:Akkiesoft:20081019224822p:image:w420
お絵かき楽しす

こんにちは!haruです。

 

独立から一か月が経過いたしました。

まだまだ安定してはおりませんが、なんとかサラリーマン時代の額面の8割程度の収入には、なってきました。

 

問題はそれ以上に、タイムマネジメントです。

 

以前にも書きましたタイムマネジメントですが、前回書いたときは「何からして良いのかわからない」

 

でしたが、

 

現在は、「とにかく時間が無い」です。

 

この原因は明らかです。企業訪問数が爆発的に増えたからです。

企業の予習、企業訪問、方向性検討、提案書策定 これで完全に丸一日つぶれます。

 

師匠の案件については、分担もできるのですが、

 

ここにきて、私に直接きている仕事もいただいており、さらに講師の仕事もあるので完全に時間がありません。

 

とはいえ、体が資本のため、夜はあまり無理をしないようにしています(甘い)

 

ということで、昼間は完全に時間に追いかけられています。

 

この改善策としては、とにかく仕事のやり方を標準化することが求められます。

 

「社長ヒアリング」「提案書策定」は標準化してはいけない部分ですので、そこには十分時間をかけ、そのほかの事務処理形の定型化を来月企業様がお盆に入るタイミングでやってみようと思います。

 

ここからの3週間はとにかく今の仕事をクオリティを下げずにやることに命をかけます。

<いつ使うかをはっきりさせる>

物を捨ててしまったら、「捨てなければよかった」と後悔しそうだから断捨離が進まない。

そう思いますか?

 

物を捨てて後悔するかどうかは、「どのように捨てたか」によって違ってきます。

 

勢いで「エイッと」捨てたり、誰かに「捨てたら?」と言われて捨てたりしたものは、あとから「捨てなきゃよかった」と思ってしまいます。

 

特に思い入れがあるけれどもう使っていないもの、高かったからもったいないと思ってなかなか捨てられなかった物は、なんとなく捨ててしまうと後悔してしまいます。

 

後悔しないために、きちんと物と向き合うことが必要です。

 

私は、就職活動の時使っていたスーツがなかなか処分できませんでした。

なぜなら高かったから^^;

 

でも、いつ使うのか?

使う予定はあるのか?

サイズはどうなのか?

などなど、じっくり考えました。

 

良く考えてみると、就職活動が終わってからは一度も使っていなかったし、もう使うこともないだろうなということがはっきりしました。

 

なぜなら、びっくりするほどスーツが似合わないのです。

スーツが似合わないから、スーツを着る仕事はしたくないと思ったほど・・・。

 

現在は、在宅で仕事をしているから確実にいらないし、これからもこの仕事を続けていく予定なので、出番はやってきません。

 

「いつか使う予定があるのか?」をじっくり考えたら、もう自分には必要ないからリサイクルショップに売ろうと決心がつきました。

 

じっくり考えず、勢いだけで捨ててしまっていたら、「高かったのに何で捨てたんだろう」とか思って後悔してしまったはず。

 

きちんと、「捨てようと思っているものに出番はあるのか?」を考えることで、納得して処分することができます。

 

物を捨てて後悔したことがあるという方は、勢いで捨てる方法はおすすめできません。

 

時間はかかるけれど、きちんと物と向き合って、納得してから処分するほうが、後悔なく、すっきりと物を減らしていくことができます。

 

さらに、物を処分することに罪悪感を感じる方は、リサイクルショップに売るのがおすすめです。

 

自分はもう使わないけれど、それを欲しいと思う人が使ってくれたら罪悪感も薄れるはずです^^

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

・物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

・いらないものはお金に変える

・物が増えない趣味を持つ

■関連記事

・物を減らして手に入れたのは、時間の余裕。物探しに時間を使ってしまうなら、物を減らそう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

・だらだらネットを見ている時間を断捨離!時間管理をすることで自分が変われるか実験中。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

スポンサーリンク

 

 

 

そんな出来事があり、もやもやしている

 

難しい問題だなあ

 

 

孫が生まれた時 何て呼ばそうかなんて考えなかったの

 

絶対 「おばあちゃん。」と呼ばせたかった。

「ちゃ~ちゃん。」だとか 「あ~ちゃん。」だなんて

悪あがきしたくなかったし 

きっとあの頃の私には 自分は若いと言う自信があったからかもしれない。

 

勿論今も 孫からは 「おばあちゃん。」って呼ばれるし

孫のお友達からも 「おばあちゃん。」って呼ばれてて

勿論 みんなから おばあちゃん。って呼ばれるのは 普通のこと

 

先日 孫の忘れ物を届けに小学校まで行ったら

少年が 校門の横で 三角座りしててね

始業時間になっていたし 

「どうしたの?」と 声を掛けたら

ただただ 彼は首をうなだれているだけで

 

けど こんな時間に学校へ入らず 座りこんでいるなんて

 

「学校に行かないの? 誰かを待っているの?」と聞いてみたら

 

こらえていた物が爆発したかのように 大泣きしだしてね

「あの~ 学っ校ぉ~に入れない 門がぁ~~~閉まってて 入れない~~~」

しゃくりあげながら 涙いっぱい流しだして

 

「そうかそうか~ ちょっと遅くなって 門がしまってたんだね 入り方わからなかったんだね ・・・」

(貰い無きしちゃいそうになっちゃった)

おばあちゃんも学校に用事があるから 一緒に入ろう~」 

素直に そう言えなかった私。

 

おばさんと一緒に行こう~」

 

自分のこと 自分で 「おばあちゃん。」と言えない時が多い

2歳の娘を育てながらフルタイム勤務のワーキングマザー、minaです。

 

ご無沙汰していました。先週は娘のアデノウィルス、少し良くなったと思ったら今週は再び高熱で水曜からお休み。。病児保育のお世話になりっぱなしでした。

こどもの発熱により自宅軟の今週末は、ボーナスシーズンに乗っかってポチってしまいました(当社はボーナス無いけどね・・・)

BOSE Sound MiniⅡ

このミニマルな感じ、いい~!とオモチャやら洗濯物やら洗い物やらが散乱した雑然とした部屋で悦にいるのでした。

一般的な大きさのリップと比べてみました。小さいでしょ?でも音はいいんです!

 

f:id:trashmaster:20160703191351j:plain

今ならAmazonで専用カバーがタダになるキャンペーン実施中のようです。

キャンプとかアウトドアイベントにも持っていこうと思います。

参考になりましたらクリックお願いします!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

大きな声で言いたいことばかり話していると、
相手の声は消えてしまいます
本当に相手を分かりたいなら、
まず話すのをやめてみて下さい
 
 
大きな声
それは単なる大声ばかりじゃありません
視野が狭いこと
伝えたいことにばかり意識が向いた状態
そんなことも含みます
 
相手の声に、
こころに耳を傾けることを忘れると、
大声で話し続けるのと同じ結果が待っています
相手はいつか諦めて、
こころを開くことを止めてしまう
 
相手の声が聞こえないからといって、
何も言っていないとは限らないのです
 
少し自分の声を抑えて、
気持ちに手綱をつけて、
おとなしくさせてみて
 
今まで聞こえなかった声が、
聞こえてくると思うのです
 

カフェで働いているので、コーヒーの香りがつきまとう。カフェラテがとても好きになった。

 

まいかい勤務の終了後にはラテを飲み、落ち着いている。そう、落ち着くのだ。

 

チョコレートが店頭に並びまくる頃、カフェラテの価値が最高に上がる。エスプレッソの苦味と豆豆しさがミルクとブレンドされ、チョコレートを口に含むと甘みが少しだけ、広がる。

 

さぁ、飲めよ、食べよ、ラテとチョコ。

つな缶

Javascriptでオブジェクトをeachで回したい時に
array同様にforEach使おうとしたらダメだった

ダメなパターン

obj.forEach(function (v,i) {
  console.log(i, :, v);
});

普通にforを使うパターン

for (var key in obj) {
  if (obj.hasOwnProperty(key)) {
    console.log(key, :, obj[key]);
  }
}

モダンぽい書き方

Object.keys(obj).forEach(function (key) {
  console.log(key, :, obj[key]);
});